旅行・観光について調べているなら「旅行と観光に特化した情報サイト」にお任せください。

イスラム教や仏教などをベース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
35-07

タイにある遺跡であって文化遺産として世界遺産に登録されます。インドの首都デリーから三時間ほどの場所にある世界遺産で、文化遺産に登録されます。

一つ目の世界遺産として紹介することが「スコタイ遺跡」です。さらに古めかしい時代の遺跡なども多く残されてるため、ぼくの見たい世界遺産を見つけて行き先を思ってみましょう。

ソンテオという乗り物を借りることが出来るため、こいつを利用する方法がよく取られています。遺跡自体ももっとも茫漠ものであるので、如何いうに見て回るのかがポイントとなるのでしょう。

この場所はタイにおいて切っての以前王朝の遺跡であって、バンコクから北に400キロほど行われた所に位置しているのです。全体が真っ白な大理石で作られてる芸術的な建造物であり、近傾いてみますと細々模様などが刻まれる事がわかります。

アクセスは残り少なしにくい場所ではあるものの、タイの栄華の時代を見なすことは出来る遺跡として屹々注目があるスポットです。次に紹介したりするのは「タージ・マハル」です。

巨大な建造物であるのですが左右対称であることも美しさの理由の一つとなっています。ヨーロッパの世界遺産がキリスト教をベースにしたものが沢山のに対し、アジアの世界遺産はイスラム教や仏教などをベースにしたものが多く見て取れます。

関連記事

コメントは利用できません。